アーカイブ

投稿者のアーカイブ

◎よりぬき、4小節で堪能するジェフ・ポーカロ30選 楽曲一覧

★angelyou 4
[14] TOTO / Animal (Past To Present)
リフ・パターン繰り返し、0分6秒〜0分24秒
[26] TOTO / Till The End (Fahrenheit)
リフ・パターン繰り返し、0分0秒〜0分17秒
[28] TOTO / Stop Loving You (The Seventh One)
イントロ、歌入り前の部分、0分27秒〜0分37秒
[24] 小田和正 / 冬の二人 (K.ODA)
ギター・ソロ、2分35秒〜3分5秒

★toshi 6
[05] TOTO / Mama (Hydra)
リフ・パターン繰り返し、0分23秒〜0分38秒
[40] Greg Mathieson Project / Bomp Me (Baked Potato Super Live!)
最後のAメロの5小節~8小節まで、6分38秒〜7分2秒
[41] TOTO / Rosanna (TOTO IV)
最初のルークのボーカルとボビキンのボーカルの間、0分18秒〜0分38秒
[42] TOTO / Child’s Anthem (TOTO)
2番のメイン・メロディ、1分40秒〜2分20秒
[51] Greg Mathieson Project / The Spud Shuffle (Baked Potato Super Live!)
メイン・パターン、0分28秒〜0分52秒
[52] Creature Stomp (David Garfields)
リフ・パターン繰り返し

★カルロス 4
[44] Donald Fagen / Ruby Baby (The Nightfly)
イントロ・パターン繰り返し、0分0秒〜0分37秒
[47] TOTO / These Chains (The Seventh One)
イントロ・パターン繰り返し、0分0秒〜0分17秒
[50] The Manhattan Transfer / Confide In Me (The Offbeat Of Avenues)
イントロ・パターン繰り返し、0分8秒〜0分27秒
[53] 杏里 / センチメンタルを捨てた人 (CIRCUIT of RAINBOW)
フェイドアウト間際のフィルを含め、4分30秒~エンドまで

★ささいち 6
[02] TOTO / Girl Goodbye (TOTO)
リフ・パターン繰り返し
[09] Greg Mathieson Project / I Don’t Know (Baked Potato Super Live!)
メインメロディ、0分38秒〜0分57秒
[11] Michael McDonald / I Keep Forgettin’ (If That’s What It Takes)
パターン繰り返し、0分0秒〜0分22秒
[13] Jaye P. Morgan / Let’s Get Together (Jaye P. Morgan)
パターン繰り返し、0分0秒〜0分17秒
[15] Deniece Williams / When Love Comes Calling (When Love Comes Calling)
イントロ・パターン繰り返し、0分0秒〜0分11秒
[37] 尾崎亜美 / Prism Train (Hot Baby)
二度目のサビ、2分4秒~2分21秒

★じぇふ 6
[19] Karizma / Corbitt Van Brauer (教則ビデオ)
イントロパターン繰り返し
[27] TOTO / Carmen (Isolation)
イントロ・パターン繰り返し、0分0秒~0分14秒
[29] TOTO / Rosanna (TOTO IV)
イントロ・パターン繰り返し、0分0秒~0分18秒
[31] Airplay / Bix (Airplay)
サビ前の決めフレーズ、0分45秒~1分0秒
[32] Char / Nice Changes (U.S.J.)
パターン繰り返し、4分19秒~
[33] Greg Mathieson Project / I Don’t Know (Baked Potato Super Live!)
ベースソロ後のサビメロ部分、6分15秒~6分36秒

★よっさん 6
[01] Waters / If There’s a Way (Waters)
イントロ・パターン繰り返し、0分0秒~0分25秒
[03] TOTO – Tale Of A Man (TOTO XX)
パターン繰り返し、4分10秒~4分40秒
[07] 竹内まりや / Sweetest Music (Miss M)
0分22秒~0分38秒
[12] Madonna / Cherish (Like A Prayer)
パターン繰り返し、0分7秒~0分37秒
[20] Bill Champlin / Without You (Runaway)
ギターソロ直後、3分30秒~ギリギリまで行きます
[25] Bruce Springsteen / Human Touch (Human Touch)
5分30秒~6分10秒
[39] TOTO / You Are The Flower (TOTO)
フェイドアウト間際、手数が多くなるちょっと前の3分29秒〜

カテゴリー: Jeff Porcaro, Jeff's World タグ:

Jeff Porcaroを無責任に語り合う会

2016 年 4 月 7 日 コメント 7 件

Jeff Porcaroを無責任に語り合う会

◎日時・場所 2016年6月25日(土)
Live and Sound Bar Chat-chu
http://chatchu.wix.com/livebar-chat-chu#!facilities/c66t
東京都江戸川区平井3-13-12 田中ビル1F
TEL 03-5875-0263
東京駅から電車で20分程

◎参加費 お1人様 \5,500円

◎タイム・スケジュール ●15時 入店~
●15時30分 #1トーク + 演奏 ドリンク(お1人様2杯)
●18時30分 #2トーク + 演奏  ディナー 、2時間飲み放題
●20時30分 #3トーク + 演奏
●21時 終了 21時30分、片付け退店
●ご希望があれは、2次会あり
*演奏=デモ演奏(セッション等ではありません)

◎緊急討論
#[Georgy Porgy] 年代別、叩き較べ、聴き較べ #ベーシストとのコンビネーション比較
#この曲のここでこのフィルはジェフならではでしょう

#よりぬき、4小節で堪能するジェフ・ポーカロ30選

最新情報は「GuestBook」を参照。
http://jeffs-world.digick.jp/guestbook_grp/guestbook.cgi?

◎注意事項
開催内容についてサイト上で公開する予定はありません。
動画等の撮影はご遠慮ください。

カテゴリー: Jeff's World, 未分類 タグ:

iPhoneが大変なことに(^◇^;)

この年末時にiPhoneが大変なことになりました。色々あって1年前の状態になってます。どうしようかと、思案してますが、仕事が忙しくて、手を付けられません。このブログにログインするのも難儀しました。あ〜 どうしましょう…。

オフ会の件は、思考停止中です(^_^; 正月休みに入ったら考えますので、しばし、お待ちください。

祝! ジェフ本の発売ですが…

先日、発売になりました「ジェフ・ポーカロの(ほぼ)全仕事」。「ドラム・ブラザー」以来、ジェフのムック本が再び発売されるとは予想しておらず、嬉しい誤算です。早速予約をして、発売日前後には、写真のようにAmazonから無事に手元に到着しました。が、今日に至るまで封を開けておりません(^^; いや、本当にもったいなくて中を見ることができません(笑) 今世紀最後の贈物のような気がしちゃてねぇ~ まぁ、まぁ、作者の方に敬意を表し、4月1日までのお楽しみにとっておこうという気になっております(^^;
ジェフ本
という一方で、Twitterで書きましたが、ベース・ギターを買ってしまいました! 弦が4本のヤツです。少しずつ練習をしてますが、やはりギターとも違うのでムズいです。2フィンガーがまるで駄目(爆) これでベーシスト的見地からジェフのことを研究できればと思っている次第ですが。少し弾けるようになったらスドラムに合わせてみたいので、一緒に遊んでいただけるドラマーさんを募集します。お暇な方はお付き合いをお願いします。

カテゴリー: Jeff Porcaro, Jeff's World タグ:

「ラックの神様」公開しました

大変長らくお待たせしましたが、よっさんの最新テキスト「ラックの神様」を本日公開としました。当初は8月公開で準備を進めておりまいしたが、管理人の都合でこんな時期となってしまいました(^^; ただし今回も内容はグーンとマニアックな路線を踏襲しており、ボリューム満載です。最後までお読みいただいた方にはきっと満足していただけるものと自負しております。ぜひぜひ一度お目通しをしていただければと思います。
また、JWのような極貧サイトに寄稿していただきました”よっさん”にはこの場を借りてお礼を申し上げさせていただきます。ありがとうございました。
ではぜひぜひ「ラックの神様」をお読みください。⇒このリンクよりお読みください。

カテゴリー: Jeff Porcaro, Jeff's World タグ:

知ってのとおりの…

2014 年 8 月 5 日 コメント 4 件

今年もやって参りました8月5日!~何回目なるんでしょうか。「JWよ、やる気があるのか、無いのか、はっきりせぇい」というお叱りの言葉を受けているのは重々承知しております。そんなこんなで、今年はやる気あります! と、宣言するつもりでしたが(^^; 作業が追いついておりません。ホームにティーザー広告風なバナーを貼り付けておりますが、「8月の男」こと、よっさんからの新テキスト「ラックの神様」を寄稿いただいておりまして、本来ならバーンと本日の公開の予定だったのですが、管理人の諸事情で公開が遅れております。現在鋭意、更新作業中です。必ず近日中に公開させていただきますので、ぜひぜひお楽しみにお待ちいただければと思います。本日はその予告日ということでご理解ければと思います。
というところで、皆さんお忘れのことと思いますが、JWのオフィシャル・ムービーをご覧いただいてジェフへの思いを馳せていただければと思います。

11

カテゴリー: Jeff Porcaro, Jeff's World タグ:

トシさんの憂鬱 な・な・何なんだ…これは!

 前回のお知らせから…数えるのがイヤになる位の日数が過ぎてしまいましたが (^^; 去年の8月に公開予定だったものを、本日やっと公開することができます。作業するのが遅くて本当に嫌になります。さて、そんなわけで本日のお題は、昨年の4月に掲載しましたトシさんのヤマハレポートの第2弾となる、「トシさんの憂鬱 な・な・何なんだ…これは!」です。今回もトシさんの節炸裂で非常に楽しい読み物になっておりますので、ぜひぜひご一読いただれればと思います。なんだかんだで今回もヤマハのお話しになっておりまして、オマケのネタも用意をいたしましたので、そちらもぜひご覧いただければと思います。
 さて! 次回のネタも実はあの方よりすでに頂戴しておりまして、後は管理人の作業完了しだいの公開となります。今度のお題はパールのお話しなりますが、かつて無い程に濃密な内容になっておりますから、ぜひぜひご期待いただきたいのですが、例によって、なかなか作業が進んでおりません。なので公開までは今暫く時間がかかりそうですが、ぜひ期待してお待ちいただければと思いいます。では、トシさんのレポートをお楽しみくださいませ。

カテゴリー: Jeff's World タグ:

お知らせ

本日予定しておりましたサイトの更新ですが、家族内に不幸がありました関係で、暫く延期させていただきます。ご協力をいただいております皆様にはこの場でお詫び申し上げます。なるべく早い時期に公開するようにいたしますので、少し時間をください。

カテゴリー: Jeff's World タグ:

初期スティーリー・ダンの貴重なライヴ音源がCD化

ジェフが参加したスティーリー・ダンの1974年のプレツェル・ロジック・ツアーの音源がCD化されるそうです。ラジオで放送されたものがネタ元だそうですが、この時のツアーは複数のものが既に高音質でブート化されており、ラジオ音源も放送前のものも出回っているので、今更感もありますが、まだ聞いたことが無い方は押さえておきたいアイテムかと思います。お勧めのトラックは”The Boston Rag”。ジム・ホッダーとの息の合ったツインドラムを堪能できます。

詳細はリンク先をご覧ください。

カテゴリー: Jeff Porcaro タグ:

テキスト、「そして 1981年夏…終焉」掲載しました

2013 年 4 月 7 日 コメント 5 件

先の特集「プロジェクト、ターン・バック」発進しました」に追加テキスト、「そして 1981年夏…終焉」掲載しました。私の1981年病に決着をつけるべくまとめたものです。妄想にお付き合いいただける方、ぜひ目を通してくださいませ。こちらのリンク先よりお読みいただけます–> そして 1981年夏…終焉

カテゴリー: Jeff Porcaro, Jeff's World タグ:

「プロジェクト、ターン・バック」を更新しました

 通年、春先のこの時期に更新を行ったことないと思うのですが、今年はやります! しかも久々の大型更新、新人ライターさまの登場であります。お題目は『「プロジェクト、ターン・バック」発進しました、時空を超えて 今、蘇る! ブラック・ビューティー’81、1981年夏…トラウマとの決着』と、いつもながらの意味不明のタイトルです。これはToshiさんなる謎のドラマー様の壮大なプロジェクト、目指すは”グッバイ・エレノア”のPVで使用された、あの幻のセットの完全復刻を試みる過程を伝えるドキュメンタリーです。このヤマハのセットはJW以外ではついつい無視されがちですが、私と同様にこの漆黒のモデルに熱い想いを抱くToshiさんによる特別寄稿となります。
 そしてそのテキスト補完するかたちとなりますが、よっさんによる『YD-9000日本国内カタログ大検証、カタログから見えてくる、ジェフの使用したヤマハ』と、こちらはタイトルがそのままの内容になりますが、私からよっさんにヤマハのセットについての調査を依頼する形でテキスト化していただきました。
 二つのテキストはいづれも1981年頃にジェフが使用してヤマハのYD-9000シリーズについてのものとなります。相互に情報交換することなく、自然と同じ答えが導かれていくのが痛快であり、またホッと胸をなで下ろすところでもありました。ぜひとも両テキストをお読みいただき、1981年の空間に染まってくださいませ。 どちらも力が入った力作ですので、じっくりとお読みいただければと思います。感想・ご意見等は『Guest Book』への書き込み、又は管理人@Jeff’s World宛にメールを頂戴できればと思います。以下のリンク先よりご覧くださいませ。

●「プロジェクト、ターン・バック」発進しました、時空を超えて 今、蘇る! ブラック・ビューティー’81、1981年夏…トラウマとの決着
●よっさんのYD-9000日本国内カタログ大検証、カタログから見えてくる、ジェフの使用したヤマハ
そして、もっと1981年のジェフを理解したいとするならば、こちらも必読です。
●『遅れてきたジェフ祭り、今だけ1981年にタイムスリップ』

 と、上記の記事からスピンアウトした私の妄想テキスト・シリーズ仮題『1981年8月22日』も公開する予定です。が、すいません、こちらまだ書き上がっておりませんので、近いうちに公開する予定ですので、お楽しみしててください。
 先の特集『今だけ1981年にタイムスリップ』にてヤマハ・ネタについて一応完結したつもりだったのですが、今回の企画でトドメをさせたかなと思ってます。そういうわけで、次はそろそろパール期について語る時が来たのだと思います。そこで「求む! パール期について悠然と語れる人!」と、いつものように他人のふんどしで申し訳ありませんが、どなたかパールのセットを語っていただければと節に願います。もちろん、パールだろうと、ラディック、グレッチ、ブラディ、ヤマハ…なんでも来てくださいね。

カテゴリー: Jeff Porcaro, Jeff's World タグ:

4月1日(月)に更新します

2013 年 3 月 9 日 コメント 2 件

 現在、4月1日(月)に向けてサイト更新の準備中です。内容は当日までのお楽しみ。久々の大型企画となりますので、お楽しみにお待ちくださいませ。

カテゴリー: Jeff's World タグ:

光りモノは当てにならん

久々にネタ書きをしようと思い、とあるCDを再生しようとしたらディスクをマウントしてくれません。それはMDのソースをCD-Rに焼いたもので、幸いMDはまだ処分して無かったから事なきを得ましたが。最近、このように読めないディスクがちらほらと目立つようになってきました。そんな経験はありませんか? 今もせっせ、せっせと光ディスクに焼いてデータのバックアップをしてますが、この方法は駄目かもしれませんね~ 2TBのハードディスクに保存した方がまだマシかも。バックアップ自体の考え方を変える必要がありそうです。

カテゴリー: ジェフと全く関係無い話 タグ:

二度目のダウン

今シーズン、二度目ダウンでした。この連休はいろいろとやろうと考えてたのにまたまた風邪をひいてしまった。実は先月もダウンしてまして。あれって免疫が付くのかと思ってたら、そうじゃないみたいね。

カテゴリー: ジェフと全く関係無い話 タグ:

月刊Player誌「20 YEARS MEMORIAL : SESSION WORKS II」

2012 年 8 月 5 日 コメント 4 件

 8月5日です。今年は没後20周年ということで、一応JWなりのイベントも開催し、ひとつ区切りを付けたかな〜という感じです。これからもボチボチやっていこうと思いますので、よろしくお願いします。
 月刊Player誌に「20 YEARS MEMORIAL : SESSION WORKS II」ということで4ページに渡りジェフの特集記事が掲載されてましたので買ってみました。で、書店で本を購入するというのが本当に久々で、とても新鮮に感じられました。しかも「袋にお入れしますか?」とういお決まりの言葉があったりして (^^; ハイ、それは置いておいて。
 内容ですが、ジェイ・グレイドンにジェフの思い出を語ってもらうというものです。インタビュアーはグレイドンというえば、中田利樹さん、マニアックな質問の連発、グレイドンはいつもの通り、あの調子の受け答え、読んでいて痛快、とても楽しめます。特に、エアプレイの”After The Love Is Gone”について語られている、1分4秒辺りのサビに入る時の「間」! 私はこの「間」が凄く好きでいつもここでの入り方を聞くとぞくぞくしてるんですが、それについて語ってくれていること。それとグレイドンの作るオールスターバンドは?の問いに、ジェフ、デビッド・ハンゲイト、デビッド・フォスター、レイ・パーカーJR、ジェイ・グレイドン…という解答! う〜 泣けるぜぇ〜 この部分だけで買う価値ありました。他にも貴重なエピソードが出てきますので、ジェフ・マニアは必読ですよ。立ち読みでもいいからぜひ読んでみてください。
 というわけで今日は一日ジェフの曲を聞きまくります。一曲目はPeter Frampton / Breaking All The Rules。

カテゴリー: Jeff Porcaro, Jeff's World タグ: